FASHION

異色の組み合わせが新しいものを作る。

異色の組み合わせって面白い。
デザインの世界でも、ビジネスの世界でも、言葉の世界でも、「これとこれを合わせるとこんな風になるんだ?!」っていう発想が新しさになる。
そのためには、どれだけ固定概念を壊せるか?が大切で。
「フルーツって可愛いよね」「ガラスの食器に乗ってるイメージじゃない?」…ならば、鉄の上に載せるのは?もはや指に刺すのはどう?・・・みたいに考えていく。
斬新なideaは最初は受け入れてもらえないのだけど、徐々に人の心を侵食していき、最後はそれが固定概念となる。
固定概念を持たずに世界を見るのは、脳の仕組み的になかなか難しいことだけど、きっと今まで見えなかったものが見えるはず。
そういう意味ではお手本とするべきは子供達。まだまだ概念の少ない子供は、世界をそのまま見つめるから。大人が見落としてしまうような、些細な変化にも気づくことができるのは、見習うべきところじゃないなかなー。
昨日とは似ていても、確実に違う今日の景色。ちゃんと見つめる時間を作らないとね。

How to create a new idea.
***
I like mixing totally different ideas.
In design, business and writing, mixing the totally different ideas will become a fresh idea.
In order to do that, it’s quite important to break down the stereotype ideas.
For example, fruits normally on the glass plates. Though, decollate on the iron plates or put it on the fingers to make a fresh one.
Too fresh ideas won’t be accepted for a while. Even so, it will be a new stereotype after a while.
Due to our structure of our brain, to see the world without the stereotype is quite difficult. However, if we could, the whole new ideas could come out.
In that idea, we should learn from children. Small kids, they don’t have much general ideas, so they see the world as it is and always catching a small change. That’s the point we can learn from them.
Normally, today look like the same as yesterday. Although never the same. We better to make a time to face the moment.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。