MIND

好きな感覚の中に生きる

ノートを使って自分を深めることは、自分を整える作業であり自分と繋がる作業でもある。
今朝もノートを広げて、昨日の自分の想いを書き出したの。エルメスのコーヒーカップとお気に入りの果物を置いて、ワクワクを抑えながらペンを握った。…昨日の自分は、とても気持ちが高まっていて「私なんでもできるじゃん!」という感覚になっていた。目に映るもの全てが美しく、世界の出来事がまるで自分の為に起こっているような気さえした…。
”できるだけこの感覚の中にいたい”そう思って、この感覚を何度も思い出せるように、ノートに記録を残したの。
感覚は忘れやすいでしょう?少しでも不安になったりイライラしたりすると、さっきまで感じていた心地よい気持ちも、一気にどこかに隠れてしまう。だから、そうなったときの為に目印を残しておく。森で迷子になったとき、目印があると戻ってこれるように、自分迷子になったときは、ノートが目印になってくれるから。
自分の好きな感覚は、待っているだけでは起こらない。…いや、起こることもあるけど頻度は低い。だから自分で自分を理想の感覚に連れ戻さないとね。

Live your life with the feelings you love
* * *
Using a notebook to express myself deeply is a process of self-care for me and how I connect with my inner self.
This morning, I unfolded my notebook and wrote down my thoughts from yesterday. I put my Hermes coffee cup and my favorite fruits down on the table and grabbed my pen, while trying to contain my excitement. Yesterday, I was feeling very motivated, like “I can do anything!” Everything I saw was beautiful, and I even felt as if everything that’s happening in the world was intended for me.
I wanted to feel this way for as long as I could, so I wrote it down in a notebook so that I could remember it over and over again.
Feelings are easy to forget, aren’t they? If I get even a little anxious or frustrated, the pleasant feeling I had just felt will disappear at once. That’s why you need to put it in record in case that happens. Just like when you get lost in the forest and you need a landmark to help you go back, your notebook can be a landmark for you.
The feelings I love don’t happen just by waiting for them. You can feel it, but not often enough. Therefore, you have to bring yourself back to that ideal feeling on your own.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。