FASHION

自分のセンスのなさに絶望するべき。

デザインの勉強を相棒と。

みんなは自分のセンスのなさに絶望することはある?私はある。「なんでこんなにダメなんだ?」「努力でカバーできるもの?」なんて不安になる夜だってあるよ。でも、絶望するっていいことでしょ?自分に過信せず、人の意見を聞ける自分になれるから。

絶望していない人は”我”が消えない。「私が」「私だって」「私の方が」etc…。能力を磨くことより、自分を認めてもらうことを優先したら本末転倒。

能力は間違いなく伸びない。

”自分を信じる”とは現在の能力ではなく、もっと本質的な自分自身の存在を信じるということ。

能力は、ただただ謙虚に伸ばして行こう。

それにしても六本木の蔦谷は、デザインの本がたくさんあるから好きだ。


Should despair about your poor taste.
***
Improving taste of design with my partner.
Has anyone despair about your poor taste?
I do always despair about my poor tase. Some night, I cannot stop think negatively like, “How useless I am.” or cannot stop feeling anxiously by thinking “Is this really can cover by my effort?
Though, I suppose despairing is not that bad. Since you despair about yourself, you can stop believing yourself too much and can start to listen to the others.
People who never despair always have too much self-confidence. Saying, I can, even me, I am etc… The point is, we should not desire for recognition. If we desire for recognition and misplace the priorities, our skill never improves.
Believing your skill never equals to believing youeself.
Believing yourself is more essential.
Therefore, it’s better to improve our skill without any overconfidence.
Anyway, I like TSUTAYA book shop at Roppongi. There are a lot of good taste of design books.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。