LIFESTYLE

ブランド立ち上げの裏側

本格的に”ジェリーブランド”として始動した【MAISON de DEAR】

向井ゆきプロデュースというバリューではなく、DEARの世界観で勝負したいと思って新しくコンセプトから練り直した。そしてこれまでの10倍くらいの規模感で、制作から販売まで動き始めた。規模が変わるということは、関係する人も人数も期間も変わり、その分リスクも変わるということ。多少の覚悟はしていたけど、案の定「もしダメだったり飽きたりしたらどうする?」とか思う自分も発見して”まだいたのか”とか思った。発見したところで、そんな自分は無視するのだけどね。発見して否定してがっかりして…っていう下りはもうやらなくていいでしょう?

で、結局たくさんの時間を使って、ビジュアル撮影までこぎつけた。経験豊富なエージェントと仲間がほとんどを仕切ってくれたので、私は自分の意見を言うだけで良かった。が、ここでも思わぬ学びを得る…。

プロに意見を伝えるときは「はっきり」「細かく」伝える必要がある。”似ている感性”とか”共通言語”とかがあるわけではないので、誰もが分かる言葉で話しをしないと伝わらない。自分の意見と周りの意見とが異なる場合でも、”相手の思いを汲み取って、でも自分の意見をしっかり伝えて”っていうスキルを使ってディスカッションする必要がある。しかも自分の意見が100%正解かなんて分からない。全くの初心者がプロの方達に意見を言わせて”いただく”のだから、遠慮する気持ちも無かった訳ではない。

…ただ私はそのやり取りが、難しくもすごく有り難く感じた。
一から作品を作っていくプロセスは、大変な分ドラマが生まれる。他人が心を通わせるって、ほら…色々あるからね。多少のハプニングが起きながらも、心に残るドラマのワンシーンが目の前で繰り広げられるのは、なににも変え難い体験だと思う。だから全部嬉しかった。

撮影が終わって、私は心から”挑戦して良かった”と思った。仲間も私も、教科書では学べない貴重な経験ができたし、過去最高の作品も生まれたから。
一流なものを作りたかったら、一流の材料と一流の道具と一流の人材が必要なんだということが、ハッキリと分かった。それは”投資”なんかじゃなく”当たり前”のことだったんだ。

MAISON de DEARの旅は、これから始まる。ビジュアル写真はまだ解禁されていないけど、みんなきっと驚くはずだから楽しみにしていて欲しい。親愛なるあなたの為に、DEARはこれからも太陽の裏側で輝く月のような存在でいるよ。

 

【MAISON de DEAR】

Behind the brand launch
* * *
[MAISON de DEAR] started as a full-fledged “jewelry brand”.
I wanted to compete with DEAR’s philosophy, not with the value of being produced by Yuki Mukai, so I redesigned the concept from scratch. And I started working on a scale 10 times larger than before, from production to sales. The change in scale means that the number of people involved, the period, and the risk will change accordingly. I was a little prepared, but as I expected, I thought, “What should I do if I’m tired or bored?” I also found myself with this kind of thinking, “Is it still there?” When I found it, I would just ignore it. Discovered, denied and disappointed… We don’t want this flow anymore.
So, Finally, I ended up spending a lot of time with them and made it to the visual shoot. My experienced agent and friends did most of the work for me, so it was okay to just say my opinion. And even here, I could learn unexpectedly.
* * *
We need to be clear and detailed when communicating with a professional. There is no similar sensibility or common language, so you can’t get it unless you speak in a language that everyone can understand. Even if your own opinions differ from those around you, you need to use the skill of “understanding the other person’s thoughts, but conveying your own opinions clearly”. Moreover, I don’t know if my opinion is 100% correct. As a true beginner, I was allowed to give my opinions to professionals, so I wasn’t without a sense of restraint.
But I found this interaction to be both difficult and gratifying.
The process of creating a piece of art from scratch is a lot of work, and that’s what makes it so dramatic. There’s a lot of things that can happen when people can relate to each other. Even if some things happen, to see a scene from an unforgettable drama unfolds before your eyes is an experience that would be hard to beat. So I was happy for all of them.
* * *
After the shooting was over, I felt really happy to have taken on the challenge. My colleagues and I had gained valuable experience that we can’t learn from a textbook, and we made the best shoot ever.
We really realized that if we want to make something to the BEST, we need BEST materials, tools, and people. It wasn’t an investment, it was just an obviousness.
MAISON de DEAR’s journey begins now. No visual photos have been released yet, but I’m sure you’ll be surprised by them, so please look forward to them. For you dear, DEAR will continue to be like the moon shining behind the sun.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。